9月16日 日高郡美浜町 煙樹ケ浜が見降ろせる高台住む友人宅に・・・・
     約一年ぶり訪れました・・・

     遠くには白浜が見えます!

     下の画像は日ノ岬灯台です。

IMG_8815[1]IMG_8822[1]

IMG_8821[1]


 

IMG_8441[1]

井原里のショッパーズモールにある
ジオラマの有るスペースが移動していました。
前回の展示場所はニトリになっていました・・・・
一瞬無くなったのかとショックでしたが・・・
反対側の奥の方に縮小されずに展示されていました。

エントランスに南條亮の遺影が飾られて
令和元年12月28日にご逝去
と書かれています。
闘病中とはお聞きしていましたが・・・・・

作品がこれ以上増えることは無くなってしまいました。


特別祈願! 長福寿寺の「新型コロナウイルス除け」お札

2/25(火) 0:01配信

SmartFLASH

 2本の角を生やし、骨ばった体は、“悪鬼” と見まごうばかり。しかし、これこそ邪気を祓い、厄災を退ける護符として1000余年崇められてきた、「元三大師(がんざんだいし)」のお姿である。

【別写真あり】コロナウイルス予防の御守りも

「元三大師とは、平安時代中期の天台宗の高僧。『厄除け大師』としても知られています。今回のコロナウイルスには絶対に、『元三様のお力をいただいたほうがいい』と思いました」

 そう語るのは、千葉県長南町にある「長福寿寺」の第56世住職・今井長秀氏。同寺は延暦17年(798年)、桓武天皇の勅願により創建。「西に比叡山、東に長福寿寺」とまで称された、由緒ある寺だ。

「2月18日から、新型コロナウイルス予防のお守りをお授けしていますが、反響に驚いています。ウイルスが目に見えないゆえに、恐れおののいてしまう。そんなお心を、鬼に変化して疫病神を退けた元三大師様のご法力で、少しでも安らげ、元気にしたいというのが、いちばんの願いです」

 今回、長福寿寺にお願いして、ウイルス除けを祈願していただいた。「南無厄除元三大師常住金剛」と唱え、厄除けを祈願してくれた今井住職に、お札の扱い方を聞くと……。


「お札は玄関内側、目の高さより少し上ぐらいにお祀りするといいでしょう」

 画像を保存・印刷して、元三大師の神通力をこめたお札として自宅に貼り、ウイルス退散を祈ってほしい。待ち受け画像にするのもよし!


(週刊FLASH 2020年3月10日号)

↑このページのトップヘ